あまり食べていないのに太ってしまう

たくさん食べるのに痩せている人と、食べる量は少ないのに太ってしまう人の一番の違いは、
基礎代謝です。

基礎代謝とは、寝ている間にも消費される消費エネルギーの事で、
基礎代謝が高ければ、たくさん食べても食べた分消費されるので、体は太りません。
しかし、この基礎代謝が下がってしまうと、食べた分が消費されなくなるので、
あまり食べていないのに太ってしまうという悪循環に陥ります。

そして、その代謝を妨げる要因として大きいものが「老廃物」です。
老廃物が溜まると体の代謝そのものが低下して、
どんどん太りやすく、痩せにくい体質になってしまいます。
老廃物が溜まってしまった脂肪細胞は、そのままではエネルギーとして使用されにくいので、
一度悪循環が始まると、自然には解消しにくいものです。

脂肪細胞が燃焼されにくい状態では、どんなに頑張って運動をしても効率が悪いですし、
痩せにくい状態のままで食事を減らしてダイエットに励んでも、努力の割に結果がでません。
それを繰り返すと、バストばかり痩せて、肝心のウエストや下半身はそのまま・・・
という結果に繋がってしまいます。

「綺麗に痩せたい!」
と思うのならば、まずは体が自然に痩せる事ができる、循環の良い状態を作る事が大切です。

大切なバストはそのままに、ウエストやヒップの余分なお肉を落として、
女性らしい均整の取れたスタイルを手に入れたいのならば、
脂肪がきちんと燃焼される環境を整える事が最も重要です。

 

ボディスタ 中古